峰岸達先生

小さな頃から絵を描くことが大好きで、将来はイラストレーターになることが夢でした。
しかし高校時代、美大や専門学校に進学して絵の勉強をするという発想が一切なく、普通の大学に進学しました。
そして、どうすればイラストレーターになれるのか、わからないまま社会人に。

そんなとき、よく読んでいた雑誌で峰岸達先生のイラストレーションを拝見し「うわーーー!いいーーーー!」と感動したのです。
「この方に絵を教えてもらいたいな」と思って探してみると、なんとイラストレーション塾を開設したばかり!

即申し込んで、通うことになりました。
入塾した当時は今よりもずっと下手くそだったので、鍛えてくださった峰岸先生には心から感謝しています。

ところで、私のペンネームの「武者小路晶子」は峰岸先生がつけてくださったものです。
文豪と歌人の組み合わせのような名前で、最初は「えええ!」と思いましたが、結果的にとても気に入っています。

絵は、峰岸先生の似顔。
「私の好きな人」という課題で描きました。
先生はとてもお洒落なので、授業のたびにコッソリと先生のファッションアイテムチェックをしていました。

MJイラストレーションズ

広告