TOKYO LITTLE HOUSE

親友(と私は思っている……!)がゲストハウス兼カフェギャラリーを始めました。
————————————
TOKYO LITTLE HOUSE
http://www.littlehouse.tokyo/
————————————

赤坂の繁華街に1948年から立ち続けている一軒家。
改修される前から何度かお邪魔しているのですが「え、こんなところにこんな建物が残っていたんだ!」と最初は驚いたものです。

昭和20年代からそのままの建具を残してセルフリノベーションをしているのですが、私たち家族も週末などにDIYのお手伝いをさせてもらいました。
また、アイコンをはじめとした絵を描かせていただき、勝手にメンバーの一員になったつもりでいたので、オープンの日を迎えられたことを我がことのように嬉しく思っています。

サイトの冒頭に始まる動画はものすごくかっこいいので、ご覧ください。
戦後から大きく変化を遂げる赤坂の地で、リトルハウスだけは変わらず建ち続けている様子がよく伝わりますし、ただ見るだけでも面白い動画だと思います(赤坂周辺の建物を沢山描きました)。

いろいろな形でお手伝いできたことに感謝!
お近くにお越しの方は、ぜひぜひ足をお運びください。
1階のカフェでは、現在「東京零年」の写真展が行われています。
tokyolittlehousecard

広告

明けましておめでとうございます

戌年にかけて、ハチ公を描いてみました。
今年は5月に個展をさせて頂く予定です。
お仕事の幅を広げていけるよう、精進する所存です。
2018年、皆さまにとってもワン!ダフルな1年になりますように。
どうぞよろしくお願いいたします。
2018年1月1日 武者小路晶子

小泉武夫著『猟師の肉は腐らない』韓国語版

初めて装画を担当させていただいた、小泉武夫さんの『猟師の肉は腐らない』。
韓国語版にも絵を使っていただきました。

農学博士として数多くの著書をお持ちの小泉武夫さんですが、こちらはオリジナルの小説。
八溝の山奥で猟犬クマと自給自足の生活を送る義っしゃん。
生きる知恵が満載で、出てくるご飯が全て美味しそうです(お腹がグーとなります)。

あらゆるところにカットも使っていただきました。
まるで私も外国デビューしたような心持ちで大変嬉しいです。


ページを開いても全く読めないのが残念ですが……。
大事にしたいと思います。
カムサハムニダ!

オリジナル落語絵本『堪忍袋』

落語好きな息子(5歳)のお気に入りの噺を、絵本にしてみました。
時間があるときにザザッと描いたので、かなり雑ですが、個人で楽しむ用だとしても完成すると嬉しいものですね。
彩色は普段マーカーを使っているのですが、紙質の関係から色鉛筆を使ってみました。

IMG_4410 IMG_4408
IMG_4407 IMG_4409

『えほん寄席』の『堪忍袋』をベースにさせていただいています。

それにしても、数ある落語のなかから、なぜ夫婦喧嘩の噺が好きなのでしょう……。
子供の前で喧嘩をしないようにしようと思います(汗)。

(2017年制作、オリジナル)

阪急電車 宝塚駅ホーム

阪急電車の宝塚駅のホームの絵を描きました。

これは、かねてから挑戦してみたかった「お友達と連結して1つの絵になるTシャツ」を作品用に描き直したものです(下の写真をご参照ください)。
息子のお友達のこうしろう君が「僕、阪急電車を描いてもらいたい!」とリクエストしてくれまして、それを聞いた落語好きの息子が「だったら宝塚駅のホームがいい! 落語家がホームで待ってる絵にしてほしい」とのってきました(宝塚駅行ったことないのに、なぜ?)。

IMG_4107

【左:こうしろう君Tシャツ】
阪急電車をメインに。
こうしろう君が運転手で車内にはご両親とお友達が乗っています。
保育園の先生も駆けつけてくれました☺︎

【右:息子のTシャツ】
宝塚駅のホームをメインに。
春風亭一之輔師匠と息子が寄席に出かけるために電車を待っています。
宝塚駅ということで、宝塚歌劇団の方も描きました。

自分でも気に入ったので、作品用として描き直しました。
これまでの作品よりは、シンプルな線です。
(2017年制作、オリジナル)

安藤ハザマ「ゲンバる」キャラクター制作&挿絵

安藤ハザマの建設現場をレポートする「ゲンバる」のサイトがアップされました!

ドボク鑑賞が大好きな私ですが、ドボクの建設現場を「仕事として、堂々と」見学できるとあって、何としてでも受けたかったお仕事。
Instagramでの絵日記を見てご依頼がありました(絵日記を描いていてよかった!)。

前任のイラストレーターの交代を機に、新しいキャラクターづくりから携わっています。
私が担当したのは「第10回椎木•北浦トンネル」(石川県輪島市)から。
ヘルメットにちょんまげがおさまりきれずに、ちょっと出ている絵をどうしても描きたくて、武士っぽい謎の生き物が誕生しました。
IMG_4098
左からアンころ、ハザ麻呂です。よろしくお願いします。

編集・ライターのオオウラアヤコさんと細かく設定を作っていて、これから少しずつ性格が明らかになってなっていきます。

何ヶ月も向き合ってきたキャラクターが、やっと今日から動き出すと思うと、ワクワクします。
ご覧いただけると嬉しいです!

『ふくろいTaskAruネットワーク』パンフレット挿絵

静岡県袋井市の「ふくろいTaskAruネットワーク」のパンフレットの絵を描かせていただきました。

21462628_1392107590843966_6517407828474201614_n  21463008_1392107600843965_1157607907861926618_n

左:パンフレットの中面/右:裏面

 

私の両親もそうですが、高齢者と言えども、まだまだお元気な方はたくさんいらっしゃいます。
「ふくろいTaskAruネットワーク」(ホームページ)は、そんな高齢者に無理のない範囲で働いてもらうための仕組みづくりと場づくりを進める取り組みです。

デザインは内田あみかさん。
綺麗にデザインしていただき感謝感謝……。

袋井市役所に置かれてあるそうですので、お近くの方は、お手に取っていただけると嬉しいです。

大学で「まちづくり」について勉強してきたのですが、それを活かすことのない仕事についていたので、こういう形で少しお役に立てて本当に嬉しく思います。

 

全身集合small  働きシーン

さまざまな仕事のユニフォームを着たシニアの方々を描きました。

にっぽんの有名なおじさま方

オジサンが好きなユウキくん(当時1歳)のために、にっぽんの有名なおじさま方をTシャツに描きました。
なんでも電車の中などで、オジサンに愛想を振りまいているそうです。

ユウキくんのお母さまと相談して、数多くの素敵なおじさま方から選抜メンバーを絞り込みまして、タモリさん、松重豊さん、岸辺一徳さん、志賀廣太郎さん、小日向文世さんが食卓を囲んでいる絵にしました。
後から高田純次さんも入れたかった……!と後悔しましたが、それはまたの機会に。

 

スクリーンショット(2017-04-30 16.26.06)